ペイオフとは

はじめに

銀行など金融機関は預金保険機構へ保険金を支払っています。「ペイオフ」とは、金融機関が万が一破綻した時に預金保険機構が加入している預金者に対して、一定額の保険金を支払う制度のことをいいます。ここでいう預金者とは個人ではなく、金融機関です。英語の「pay off」をそのままカタカナにして、「支払う」「清算する」という意味のままに使っているのですね。ペイオフ時の保護限度額は、国民の平均預金残高等を参考に決められているそうです。その額は制度発足時の100万円から300万円を経て、現在は1000万円まで引き上げられています。たとえ銀行などが破綻しても、預けた預金はペイオフによって「一つの金融機関につき、一預金者1000万円までとその利息分」は保護し支払うとされるようになりました。

ペイオフが決定されると、預金保険機構は「名寄せ」と言われる、ひとりひとりの預金総額を確定する作業に入ります。これが終わるまでは、預金は引き出せなくなることが多いようですが、普通預金に残高がある場合に限り、1口座あたり60万円を上限として引き出しができる「仮払い制度」があります。この金額は保護対象額の中に含まれます。そして1000万円以上の預金があった場合、その保護対象額以上の金額については、銀行の資産の清算状況によって支払い額の率が決められ、預金者にこの概算率が連絡されます。清算処理が終わった時に概算額を上回る時は支払いが追加されます。こうした清算処理には数か月以上かかる場合もあります。借入ローンがある場合には、預金との相殺もできます。多くの銀行が、満期前でも相殺できるようになっていますが、念のために銀行に確認したほうがいいようです。※ ペイオフ(預金保険制度)について

こうしてペイオフとなった場合には、いろいろと預金者のために便宜も図られてはいるのですが、預金者としては金利の高さなどにばかり関心を持つのではなく、まずどんな銀行を選ぶかからが自己責任です。そして預金額が合算して1000万円以上になりそうになったら他金融機関に分散するなどの対策を講じなければなりません。預金してしまったらあとは銀行にお任せ、などという時代ではなくなったのです。